事業承継人がいないならM&Aに依頼しよう

企業を成長させる戦略

ビル

外国資本の会社には注意

企業買収は、企業戦略の一環として多く行われています。需要と供給のバランスが保たれて初めて成立しますが、最近では日本でも数多くの事例が発生しています。新しい分野に進出する際や、企業規模の拡大を目指す場合、また、内部統制の目的など様々ですが、ビジネスのスピードの追従する中で最も簡単に事業を拡大する事の出来る方法となっています。しかしその成功率は50パーセント程度と低くなっていることが実態です。買収の金額が高すぎて投資の原本を回収できないことや内部統制が図れず、環境劣悪になるなど企業買収はメリットだけではないです。ひときわ気を付けなければならないのが、外国資本の企業の買収です。外国企業は、企業本体への考え方が日本と異なります。永続的に企業を残したいと考える日本と異なり、外国のオーナーは、企業はあくまでもオーナー個人の資本形成の道具でしかないのです。そのため、成長期に入った段階で、すでに企業の行く末を見切り、高値で売却する事が良く行われています。そのため、企業買収後のフォローなどもなく、企業買収した企業が、後悔するケースが多くなっているのです。日本でもベンチャー企業などこの傾向が強くなっているため、買収する側は気を付けなければならなくなっています。しかし反対に味方にすることで、企業の価値を一気に高めることができ、売上や収益を一気に拡大することも可能になることが企業買収のメリットになっています。