事業承継人がいないならM&Aに依頼しよう

シェアの拡大

握手

会社同士のメリット

企業買収と言うと「会社乗っ取り」のような悪いイメージがありますが、売却する会社と買い取る会社とで双方にメリットが発生することも少なくありません。なにより会社同士を統合することで、シェアの拡大になります。大手企業が中小企業を買収することで、一気に業界シェアを伸ばすことができます。また、異業種の企業買収を行うことで、それまでの業務範囲を広げることも可能です。新しい事業を展開するには、失敗するかもしれないというリスクがつきものですが、企業買収の場合はすでに成功している事業を取り込むので、リスクを低くおさえることができるでしょう。買収する会社の優れた技術やノウハウなどを取り込むことで、消費者に質の良い商品を提供することができるようになります。特に、企業買収される側の会社が経営不振に陥っているような場合は、大きな会社に統合されることで雇用が安定します。資金不足で事業の継続が難しいというような場合にも、企業買収は経営の立て直しに役立つでしょう。企業買収によって、会社の名前が変わってしまうようなこともありますが、より知名度の高い社名を名乗れると考えることもできるのではないでしょうか。企業同士の社風が違いすぎれば、慣れるまでに時間がかかることもありますが、大きな会社の方が福利厚生などが良い場合も多いため、条件が有利なものに変わることもあるかもしれません。企業買収には、さまざまなメリットが考えられます。