事業承継人がいないならM&Aに依頼しよう

買収で会社を大きくする

笑顔の男性

グループ化によるメリット

企業買収とは、ある企業が他の企業の株式を買い取り、子会社化することをいいます。株式の取得ではなく、営業権の譲渡などの手段によるケースもあります。また、買収の方法も現金による買い取り、株式交換などいくつかの種類があります。企業買収は、買収する側の企業に多くのメリットをもたらします。その1つは、事業の多角化です。特定の事業のみを手がけている企業にあっては、その事業自体の業績がそのまま企業の経営を左右します。しかし異業種の企業を買収することによってグループ全体で複数の事業展開を行うようになれば、特定の事業が不調でも他でカバーするといった具合に、経営リスクを分散化することができます。一方、同業他社を企業買収によって傘下に収める場合でもメリットは生じます。同じ業種の企業同士が連合すれば、市場シェアの拡大が可能になります。また、同業者を買収するということは、競合相手を減らすことにつながります。その結果、価格競争などの経営圧力を低減させることができます。買収される側の企業においても、メリットはあります。一般的な企業買収の手法であれば、買収されることによってその企業には現金が入ってくることになります。その現金を赤字の解消や新規の設備投資などに使うことで、収益の改善を図ることが可能になります。また、最近では後継者難に悩む中小企業が買収の申出を受けることによって事業を存続させ、従業員の雇用を確保するというケースも目立っています。